自動プレス加工
HOME > 加工技術 > 自動プレス加工

自動プレス加工

自動プレス加工とは?

素材を自動で高速で型抜きする機械です。ウレタンフォーム、PEフォーム、ゴムスポンジなど様々な素材に対応可能です。クランクにて可動盤を昇降させ、要望の形状に連続して素材を打ち抜きます。可動盤の速度管理が可能で、素材に応じた設定が可能です。作業テーブルサイズは600X1400です。最大500幅までの製品に対応可能です。テーブルの移動速度管理が可能で、素材に応じた設定ができます。プログラムによる自動運転で、毎分160ショットの打ち抜きが可能です。1/1000㎜単位の高さ設定が可能で、紙だけ残して打ち抜く「ハーフカット」が得意です。下死点で2秒までの保持が可能で、抜きづらい素材も打ち抜くことができます。連続運転中の高さ変動機能にて、シート内でのハーフカットとオールカットの重複運転が可能です。一本刃を用いることで、直方体製品を要望数でのハーフカットシート加工(※2×4.5×233 1シート40本付きなど)が可能です。2台所有しております。

自動プレス加工

私が担当しております。杉本です。

自動プレス加工担当:杉本

【担当歴は?】
   6年になります。
【自動プレスのおもしろい点は?】
   厚さ0.2㎜~30㎜までの様々な材料を、タッチパネルでの設定、操作で簡単に加工できるところです。
   加工には、オールカットとハーフカットがあり、特に0.5㎜以下の薄物を上手にハーフカットできると快感です。
   自動で打ち抜きをしてくれますが、取り回しの効率アップ等で作業性を向上できるのも魅力です。
   多ロットでも問題なく加工できますのでお任せください。
【加工時に特に気を配っていることは?】
   製品の切れ具合、数量の確認、型の照合などです。
   常時700以上の型を所有しているので、間違いないように「型№」を呼称を徹底しています。
【趣味は?】
   愛車「カブ」でのドライブです。

ページの先頭へ