半硬質ウレタンフォーム
HOME > 取扱材料 > ウレタンフォーム > 半硬質ウレタンフォーム

半硬質ウレタンフォーム

特徴

「軟質フォーム」と「硬質フォーム」の中間的な素材を「半硬質ウレタンフォーム」といいます。硬質・軟質の中間素材で、主に衝撃吸収材などに使われています。
加工の汎用性が高く、円形や棒状から、打ちぬき加工、裁断まで様々な形に応用可能です。
産業用として梱包材として応用範囲広いです。
厚みも数ミリから数メートルの立方体までご要望にお答えできます。
防音性と吸音性を兼ねそろえた素材です。
弾性が高く、緩衝材に適しています。
断熱性に優れ、保温、保冷に効果があります。

材質名 半硬質ウレタンフォーム
標準サイズ 1000mm×2000mm
密度 下記表を参照ください
硬度 下記表を参照ください
カラー 白、黒

半硬質ウレタンフォーム

代表的な用途

主な加工方法

備考

半硬質ウレタンフォーム ラインナップ

ページの先頭へ