連続気泡ポリエチレン
HOME > 取扱材料 > ポリエチレン > 連続気泡ポリエチレン

連続気泡ポリエチレン

特徴

通常ポリエチレンフォームは、独立気泡と呼ばれ、ゴムスポンジのような柔軟性はありませんでした。
仕様箇所によっては、ゴムスポンジ(特にEPDM半連泡品 エプトシーラーなど)の代替え品として使用することが可能です。
基本性能として、シール性(水)・緩衝性・吸音性などございます。
難燃性能も付加することが可能で、UL94 HF-1(家電) FMVSS-302などの規格に対応できます。
実績として、鉄道車両、自動車、弱電機器、土木建築分野のバックアアップ材、屋上断熱材、化粧品、日用雑貨などさまざまな分野で使用されています。

材質名 連続気泡ポリエチレンフォーム
標準サイズ 1000mm×1000mm
(厚み3mm~100mmまで対応)
密度
硬度
カラー 白・黒・特黒

連続気泡ポリエチレン

代表的な用途

自動車・弱電などの水シール材、建築土木関係のバックアップ材

主な加工方法

備考

連続気泡ポリエチレン 物性

ページの先頭へ