EPDM系ゴムスポンジ
HOME > 取扱材料 > ゴムスポンジ > EPDM系ゴムスポンジ

EPDM系ゴムスポンジ

特徴

合成ゴムあるいは特殊ゴムに、有機系発泡剤などの諸原料を混合し、熱分解させて製造します。軽量で強靱な材質の特長を活かし、車両・OA・土木建築・包装・スポーツなど、幅広い産業分野で用いられています。最近はとくに、先端技術に対する応用がクローズアップされ、用途が拡大しています。
 
1.軽量・強靭性 軽く、引き裂き強度などにも優れた性能を持っています。
2.断熱性 熱伝導率が低く、保温材としても優れた性能を持っています。
3.非吸水性 独立気泡構造ですので、吸水性は極めて低い材質です。
4.緩衝性 適度なショック性を持ち、緩衝材としても使用できます。
5.耐候性 耐候性に優れています。EPDM系、NBR系スポンジは耐オゾン試験 (50pphm×38℃20%伸張)72Hrで異常なし。
 
EPDM系は、主成分としてエチレンゴムスポンジを使用したゴムスポンジです。
エチレンプロピレンゴムは、エチレンとプロピレンまたはエチレンとプロピレンと第3成分の共重合物であり、全社をEPM、後者をEPTまたはEPDMと呼びます。
この両者をERPといいます。
このゴムは耐オゾン性、耐化学薬品性、耐熱性、電気絶縁性が優れているので、一般工業ゴム製品及び電機絶縁用に用いられます。
加硫速度が遅いのと、耐油性に乏しい欠点があります。
エチレンプロピレンゴムスポンジには、独立気泡と連続気泡があります。
独立気泡の特長として、気泡が独立しており、吸水性がなく、少ない圧縮率で止水が可能です。

材質名 EPDM系ゴムスポンジ
標準サイズ 1000mm×1000mm
密度 下記表を参照ください
硬度 下記表を参照ください
カラー 黒、灰色、白

EPDM系ゴムスポンジ

代表的な用途

包装・梱包 精密機器/家具/ガラス等輸送用緩衝材/弱電機器保護緩衝材/他
土木・建築 住宅用パネル目地材/住宅用サッシ・ドアパッキン材/コンクリート収縮防止用パット/オープン水路目地材/各種土木・建築目地材/他
車輛・船舶 ドアパッキン材/トランクシール/ボンネット緩衝パット/各種ダクトシール・ランプガスケット/エンジン防振材/計器類緩衝/パッキン材/他
断熱・保温 クーラー・エアコン用断熱シール材/冷蔵庫冷凍ショーケースシール材/他
防音・防湿 各種機械騒音防止シール材/住宅防音壁パッキン材/各種電機機具防水防湿パッキン材/各種機械防湿パッキン材/他

主な加工方法

備考

EPDM系ゴムスポンジ ラインナップ

ページの先頭へ