制振材料について
HOME > 基礎知識 > 制振材料について

制振材料について

制振のメカニズム

制振材料は固体音に対するエネルギー吸収の目的で使用される材料といえ、素材としてはゴム系・プラスチック系・アスファルト系などが主であり、いずれもガラス転移点付近の粘弾性を利用したもので、非拘束タイプと拘束タイプに分けられます。(ガラス転移点付近で最も大きなエネルギー吸収を発揮)

種類 概要
非拘束タイプ 基板の加振応力による変化から生じる粘弾性層の伸び縮みを利用することで加振エネルギーを吸収する。
拘束タイプ 粘弾性層の両端が基板と拘束層の二界面で固定されている為、加振応力による変形から生じる層間のずれ(せん断歪)を利用することで加振エネルギーを吸収する。

制振のメカニズム

制振性能評価方法

複合体の制振性能(振動の減衰性能)を示す尺度は種々の値が用いられていますが、最近では損失係数(Loss Factor:η)表示が一般的です。測定法としては、当方では機械インピーダンス共振法(両端自由梁)により材料の損失係数を測定しています。目安として損失係数が0.05以下では制振効果があるとは言いがたく、0.1以上ならば優れた制振材であるといえます。

ページの先頭へ