吸音材料について
HOME > 基礎知識 > 吸音材料について

吸音材料について

吸音のメカニズム

多孔質材料(軟質ウレタンフォーム、ガラスウールなど)に音があたると、その空気振動が直接材料内部の気泡部分の空気に伝わる。
気泡の面での空気の粘性摩擦を生じ、音のエネルギーの一部が熱エネルギーに変換され、吸音作用を生ずることになる。
このように空気の動きに対する抵抗によって、その振動が減衰し音が小さくなることを吸音という。
吸音のメカニズム

吸音性能評価方法

  垂直入射吸音率 残響室法吸音率
規格 JIS A 1405 JIS A 1409
概要 入射音と反射音の干渉を利用して吸音率を求める。
測定が簡単で、研究開発や材料評価に適している。
吸音材料の有無による残響室内の響き(残響時間)の変化より求める。
入射波がランダムな方向から入射してくる方法で実際の状況に近い。

垂直入射法と残響室法による吸音率の比較
<注意>
1.同一吸音材料を測定した場合、一般に残響室法吸音率の方が、垂直入射吸音率より上回る傾向にある。
2.残響室法吸音率は100%を超えることがあり、試験機関によるデータ表示に注意が必要。

ページの先頭へ