中部経済新聞(2020年11月24日)に掲載されました。
HOME > お知らせ > 中部経済新聞(2020年11月24日)に掲載されました。
2020年11月27日icon

中部経済新聞(2020年11月24日)に掲載されました。


 食べ物が飲みにくい嚥下(えんげ)障害の検査を行う椅子の開発を進めているソフトプレン工業(本社浜松市)。開発を主導する会長の前嶋文明さんは「椅子本体と昇降装置を分離でき、効率的に検査後のリハビリを行える」とPRする。2020年の本格的な発売に向け、試作品の性能試験を行っている。量産タイプの設計も進めており、「今後は代理店を募集し、全国で売っていきたい」と意気込む。
 もともと浜松市リハビリテーション病院で嚥下障害の治療を専門とする藤島一郎病院長から、浜松商工会議所の「浜松医工連携研究会」に相談があり、研究会メンバーだった同社が名乗りを挙げて、開発がスタート。
同病院から製品の要望を聞き、試作品の試験も同病院で実施している。「現場の声を直に聞けて大変ありがたい。販売でも藤島病院長が協力してくれる予定」と笑顔を見せる。同社にとって初の医療分野の自社製品。地域の支援を受けながら大きく育てる考えだ。

ページの先頭へ