沿革
HOME > 会社概要 > 沿革

沿革

1955年 9月 浜松常盤町にベルテックス工業(株)(1993年10月ソフトプレン(株)に社名変更)設立。(資本金80万円)
高周波植毛加工(登録商標ベルテックス)により北海道土産として人造マリモの製造開始。各マスコミより大きく取り上げられ話題となる。
1959年 11月 我国初の再生ウレタンフォーム<ウレタンチップブロック>の生産開始。ソフトプレン工業(株)設立準備に入る。
1960年 7月 浜松市瓜内町にソフトプレン工業(株)設立。(資本金600万円)
ウレタンフォーム及びウレタンチップブロックの製造加工を開始。
1961年 5月 ソフトプレン工業(株)にてチップフォームによる二輪シート及びピアノ椅子クッションのモールド生産開始。
1971年 3月 ソフトプレン(株)ピアノ艶出し液ポリキッドを開発。
1971年 10月 浜松市常盤町に前島ビル(地上7階地下1階)完成。
1979年 10月 管理部門にオフコン導入。硬質ウレタンフォーム発泡ライン完成。ピアノ部品の製造開始。
1983年 4月 生産管理、資材管理、総務部門と全ての業務のコンピュータ管理体制確立。
1986年 1月 ソフトプレン(株)浜松湖南工業団地内に新工場完成。全業務を移転。
1986年 8月 ソフトプレン工業(株)浜松湖南工業団地内に新工場完成。全業務を移転。静岡営業所開設。
1990年 8月 焼津市八楠に(株)ソフトプレン静岡設立、静岡県中部地区の拠点としてウレタンフォームの加工開始。
同所へソフトプレン工業(株)静岡営業所移転。
1993年 7月 浜松市常盤町に(株)ソフテック設立。(資本金1,000万円)
1995年 4月 浜松市常磐町に(株)ソビックを設立し、マルチメディア部門へ進出。
1995年 7月 断熱材自動熱ラミネートライン導入。プレシートの生産開始。
1996年 7月 木造住宅用床遮音シート<ソフテックシート>を開発。同発売開始。
1998年 7月 オレフィン系木造住宅用床遮音シート<ソフテックシートエコ>を開発。同発売開始。
1998年 8月 小吐出精密ウレタン成型機及び自動注入システムロボット導入。
ダイレクト注入方式によるシールパッキンの生産開始。
1999年 6月 (株)ソフテック ウレタン低圧RIM成形開始。
2001年 2月 ISO 9001認証取得。
2001年 8月 楽天市場へ「スポンジ専門店ソフトプレン」出店。
2002年 8月 ソフトプレン(株)新工場完成移転。
2002年 10月 (株)ソフテック新工場完成移転。大型真空成形機・5軸制御NCルータ導入。
2004年 2月 ISO 14001認証取得。
2004年 7月 (株)フィスランド(資本金300万円)設立。インターネット販売部門を移管。
2005年 6月 3D CAD導入。
2008年 2月 関東経済産業局より異分野連携新事業開拓計画(新連携)の認定を受け流体制御による体圧分散型マットレスを開発し、大手医療ベットメーカーに採用される。
2008年 11月 CO2レーザー導入。オートクレーブ導入。
2010年 5月 関東経済産業局より「中小企業等の研究開発力向上及び実用化推進のための支援事業」の認定を受け、静岡工業技術研究所、(独)理化学研究所との共同開発によるオーダーメイドマットレスの開発に着手。
2010年 10月 高周波ウェルダー機導入。
2010年 11月 5軸制御モデリングマシン導入。
2011年 1月 ソフトプレン株式会社と株式会社ソフトプレン静岡を合併。
2012年 8月 株式会社ソフテック 伊左地工場稼働
2014年 12月 PT.SOFTPREN INDUSTRIES INDONESIA設立
ページの先頭へ